シェアードサービス事業部ACCTチーム マネ-ジャー シェアードサービス事業部ACCTチーム マネ-ジャー

シェアードサービス事業部ACCTチーム マネ-ジャー
シェアードサービス事業部ACCTチーム マネ-ジャー
大学を卒業後、会計の専門学校に通う。税理士を志す。
2002年、EPCSの前身、株式会社イー・ワイ・アウトソーシングサービス(EYOS)に入社。

日々勉強、一生勉強

ACCTチームは全部で50名弱いますが、マネージャーは5名で、各10名前後のグループをそれぞれマネジメントしています。

始めはプロジェクトありきでグループを決めていましたが、今ではあまり関係がなく、グループ同士で高め合いながら、業務に取り組んでいます。

当社もそうですが、会計業界全体を通して管理者はプレイングマネージャーが多いですね。実務の量は人によって異なるかもしれませんが、少なからず実務に携わっている人が多いです。

ですから、日々の勉強を欠かしません。法律もどんどん変わりますし、変わらなくても蓄積したものはどんどん忘れていきますから。そこは日々勉強、一生勉強なのかなと思っています。

英語も、日本語と同じくらいのレベルで使えるように

アメリカやヨーロッパのクライアントは、圧倒的に12月決算が多いため、私たちは1、2月が忙しくなります。

そのせいかもしれませんが、海外では年明け1月2日から営業を開始する企業がほとんどです。しかしその頃、日本はまだお休みですよね。年始のレポートなどは、イヤーエンドホリデーのため、提出を待ってほしいとクライアントに交渉しています。以前は全く融通が利きませんでしたが、最近ではだいぶ理解してくれるようになりました。

また、海外は会計基準が異なるので、会計基準のコンバージョンの業務を請け負うこともあります。例えば、日本の会計基準で作っているものを決算だけIFRSに直してほしい、逆に日本の監査を受けるため、IFRSで作っていたものを日本の基準に直してほしいなどです。

決算書もそうですが、仕訳や試算表、摘要まで全て、海外クライアントの会計書類は全て英語表記です。日々英語に接しますが、それが当社の強みでもあります。

英語のメインはメールですから、読み書きができれば対応は可能です。英語のメールは全体の1/4ぐらいでしょうか。海外のクライアントであっても、先方のコンタクトパーソンが日本人というケースもあり、やり取りは日本語で行うこともあります。

何年経っても、英語には中々慣れませんね。日本語だったら3倍の速さでメールが書けるのに、と思うこともしばしばです。仕事の効率をもっと上げるために、日本語と同じぐらいのレベルで英語を使えるようになりたいと思っています。

多面評価で、相対的かつ公平な評価を目指して

マネージャーになると、自分のことだけでなく、メンバーのことを考えなければなりません。

資格取得の勉強をしている人は、勉強の時間が取れるのか心配になりますよね。以前は繁忙期が本当に忙しく、勉強の時間をとることが難しかったのですが、今は業務改善が進み比較的時間を作りやすくなっています。

人間関係の問題に関しては、EPCSに良いところがあります。例えば、スタッフは複数のクライアントをアサインされている場合、それぞれの仕事の上司が異なることが多く、いろいろな人と仕事で組むことができるのです。

EPCSでは、仕事で一緒に組んでいる人たちから評価してもらい、それらを集め、相対的な評価を行っています。複数人の目で評価をするため、公平な評価につながり、それが昇進や昇給に反映されるようになっています。

仕事でもプライベートでもハッピーになってほしい

私は、チームの売上や営業利益をもっと拡大させ、その結果、皆さんの給与に還元したいと考えています。やはり働く人にとって、給料は一番大事な部分です。その人の人生や生活が懸かっていますから。

他の会社より給与のアドバンテージができれば、人材が定着し、もっと面白い仕事や難しい仕事にも挑戦できると思います。そこを目指していきたいです。当然、組織の規模をさらに大きくすることも目標です。

それから、今後入社する方や既存のメンバーに長く活躍してもらうため、勉強できる時間や家族との時間、プライベートの時間を大切にできる環境を作っていきたいです。

仕事でハッピーに、ということも大きいでしょうが、プライベートでもハッピーになってもらいたいです。そうすれば、結果的に良い仕事ができるのではないかと思っています。

TIME SCHEDULE一日のタイムスケジュール
9:00
  • 出社
  • メールチェック
  • 実務のレビュー
  • 分析など管理業務
12:00
  • 昼食
13:00
  • メール対応
  • クライアント対応
  • 新規案件の契約書作成など
19:30
  • 退社
ON

創業初期に入社し、EPCSの成長をよく知る人物。働きながら税理士資格を取得し、2009年にはマネージャーに昇格。グループのメンバーと真摯に向き合い人望も厚く、マネジメントをしながら実務もこなす、プレイングマネージャーとして活躍。

OFF

早朝はゴルフ練習、日中は料理作りを楽しむ。一番の得意料理はたこ焼き。仕込みに3日間かけるこだわりを持ち、同僚や知人を呼んで開催するたこ焼きパーティーが大好評。食べることも好きで、美味しいお店を探すのが好き。